阪九フェリーのふねこ

ふねこの秘密

49年前、門司の港で迷子になった子猫が阪九フェリーに住み着きました。
それがふねこ。今まで誰にも見つからずにいましたが、
2017年の夏、レストランの刺し身をつまみ食いしているところをシェフが発見。
昔から猫は船の守り神と言われ、愛されてきたこともあり、
船長の鶴の一声で阪九フェリーのマスコットキャラクターに。
性格はマイペースなのんびりや。趣味はかくれんぼ。好物は魚とたこ焼き。
たまに二足歩行で走る時もあり、それを見た人には幸運が訪れるという噂も。
阪九フェリーの守り神として、今日も安全、安心な航海を支えています。